外壁塗装の塗替えの目安は一般的に10年ほどと言われています。

かつては6年ほどでヌリカエ時期だと言われていたときもあるのですが、最近の建物に使用される塗料の質が上がり耐用年数が上がって10年ほどとなっているとのことでした。
ただしあくまでも目安でなので自宅の状況によって変わってきます。

理由は太陽の当たりやすい場所、紫外線の当たりやすい場所などで塗装の劣化具合が変わってくるからです。

 

最近では100年住宅だとかCMでやっているものもありますが、こういった住宅も塗替えなどのメンテナンスをちゃんとした場合にそれくらい持つという意味なので、手放しで100年間そのままというわけには行かないとのことでした。

 

 

外壁塗装をするのは景観という意味合いも大きいですが、一番の目的は自宅を守ること。

塗装面のひび割れ等の劣化が見え始めた時に外壁塗装の塗替え等を検討し始めるのが良いかもしれません。
見積もり相談等であれば無料でしてもらえるサービスもあるので、自分で決められない・とりあえず話を聞いてみたいという場合はまずは専門業者に話をしてみてはいかがでしょうか?