[塗料] ブログ村キーワード

ラジカル塗料

外壁塗装の塗料としてここ数年で使用されるのが増えてきた塗料がラジカル塗料です。
シリコン塗料よりも耐久年数が長く、コストパフォーマンスも高いため、これから主流になると言われています。

こちらのページではラジカル塗料の特徴・メリット・デメリットなどをまとめてみたいと思います。

ラジカル塗料とは

正式名称は「ラジカル制御型塗料」で、ラジカルを制御する塗料なのでそう呼ばれています。

ラジカルとは?

ラジカルは塗料の塗膜=表面の劣化を進行させる物質のことで、塗装が完了してから徐々に増えていきます。
ラジカルを増加させる物質には酸素、紫外線、水などがあり、常に塗料の劣化を進行させています。

塗料は一般的に何をラジカル塗料は他のシリコンやウレタンの塗料のように、シリコン樹脂ベース、ウレタン樹脂ベースという明確な違いがあります。
ラジカル塗料の場合はラジカルを制御する成分が入っていれば「ラジカル制御型塗料」と呼べるので、明確にどういった樹脂がベースとなっているかは決まっておらず、シリコンベース、ウレタンベースも存在しています。

ラジカル塗料が広まりだしたのは2012年に日本ペイントが「パーフェクトトップ」を発売してからでなので歴史はまだ浅い塗料になります。
しかし、すでにシリコン塗料に並ぶ勢いで人気が出ています。

ではなぜそこまで人気が出てきているのでしょうか?人気の理由となるラジカル塗料の特徴を見てみたいと思います。

ラジカル塗料の特徴

紫外線に強い

太陽が塗料に当たると塗料に含まれている成分が紫外線を吸収してラジカルを発生させて塗装を劣化させていきます。
しかしラジカル塗料はそのラジカルの発生を抑えるために劣化を遅らせてくれます。

紫外線に特に強いのはラジカル塗料の特徴の大事なポイントの一つです。

耐用年数が長い

ラジカル塗料は耐用年数が15年ほどと長いのが特徴です。
現在主流のシリコン塗料で12年ほどと言われているので3年ほど長くなります。

単価が安い

ラジカル塗料 価格

ラジカル塗料の単価は2500円〜3000円/㎡と言われています。
シリコンでだいたい2,300円〜3,000円/㎡でほぼおなじ価格帯になっています。
価格が同じで耐用年数が違うなら、耐用年数が長いほうがお得です。

また塗料自体の安さもそうですが、塗り安さという面でも優れています。基本は水性一液型なため「塗りやすい=手間が少ない = 早く終る = 職人の人件費が下がる」となるため、ラジカル塗料を選ぶことで外壁塗装全体のコストダウンもできます。

場所を選ばず塗装ができる

ラジカル塗料は基本的にどんな場所にでも使えます。

木造、モルタル、コンクリート、金属サイディング、窒素系サイディング、アルミなど一般的に外壁に使用されている場所ならどこでも大丈夫です。
フッ素塗料だと仕上がりが固くなるために木造では使いづらいなどあるのですが、そういった制限がないのは良いところです。

臭いが少ないので近所迷惑にならない

ラジカル塗料は基本的に水性で、水を混ぜるだけなので臭いが出ません。
それと比較してシリコン塗料で塗装の質を上げてもらおうとすると油性(シンナー)を使う必要があって臭いが強い近所迷惑になってしまったりします。

水性だと耐久性や機能に不安を覚えるかもしれません。
けれども「水性のラジカル塗料」でも「油性のシリコン塗料」を上回る機能があるので問題ありません。

ラジカル塗料のメリット まとめ

  • 紫外線に強い
  • 耐用年数が長い
  • 単価が安い
  • 場所を選ばず塗装ができる
  • 臭いが少ないので近所迷惑にならない

ラジカル塗料のデメリット

実績が少ない

ラジカル塗料はまだ発売されて間もないこともあり、実績が少ないです。
耐用年数がメーカ公表は15年と言われていても、実際にまだ15年経過していないので本当のところがわからないのが事実です。

使った実績がない業者もある

実績が少ない、歴史も短いために実際に塗装屋さん自体がラジカル塗料を使ったことがない場合も多いようです。
そもそも知らないという場合もあるみたいなので、見積もりの時に話をきいてみると良いかもしれません。

外壁塗装は10数年先まで見える大事な場所です。ラジカル塗料で塗り替え予定ならすでにラジカル塗料での実績のある業者にしておくほうが安心です。

ラジカル塗料の種類

塗料名メーカーツヤ
パーフェクトトップ日本ペイント艶有り
5分艶
3分艶
艶なし
エスケープレミアムシリコンエスケー化研艶有り
5分艶
3分艶
アレスダイナミックTOP関西ペイント艶有り
7分艶
5分艶
3分艶

ラジカル塗料で外壁塗装を依頼する時の注意点

外壁塗装 業者選び ポイント

ラジカル塗料で依頼する場合の注意点は業者をちゃんと選ぶことです。
注意したいポイントはこちら。

ラジカル塗料での実績がある業者を選ぶ

デメリットの部分でも書いたのですが、ラジカル塗料の歴史は浅くまだ実際に使って施工した実績のない業者も多数あります。
塗りにくい塗料では無いのは確かですが、初めて使う塗料は失敗のリスクが無いと言えません。

マイホームの外壁は次の塗り替えまで10数年見ていくものです。
出来る限り綺麗に長持ちするように施工してもらいたい場所なので、ちゃんとラジカル塗料での実績があるところに依頼するのが一番です。

そうはいってもその外壁塗装業者が実績があるのか?というのは外から見てもわからない場合がほとんどです。(情報を後悔していないため)可能であればホームページ等に実際に施工例を載せている業者を選ぶのが間違いないです。

地元の小さな業者などであればホームページすら無いところも多いので探しにくいかもしれません。
そういった時は外壁塗装業者の紹介サービスを利用するのも一つの方法です。
例えばこういったところです。

 

外壁塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

 

このサービスでは資格、設立年数、年間施工数などを厳しく審査し、通過した業者のみを紹介してくれます。
利用すると業者ではなく紹介会社の外壁塗装相談の専門スタッフが対応してくれて質問もできます。
また見積もりをもらった業者への断りもすべて代行してくれるのも良いところです。

 

実際の外壁塗装の相場もわかるのでこれから塗り替えを検討しているなら一度利用してみてはいかがでしょうか?
利用は簡単で10秒で完了し、匿名で利用できます。下のボタンから利用できるので、クリックorタッチをしてみてください。

↓  ↓  ↓