[チョーキング] ブログ村キーワード
外壁に白い粉

外壁を触ってみたら白い粉が手についてしまって「これはなにか?」と思って調べてみたことがあります。

この外壁から白い粉が出てしまうとには名前があり「チョーキング現象」と呼ばれていました。
白い粉は表面が劣化して粉状になってしまったもので、外壁劣化の初期症状となっています。

こちらのページでは外壁からでる白い粉がでる現象「チョーキング現象」に関してまとめてみました。

外壁からでる白い粉の正体

外壁からでる白い粉は塗料に含まれている顔料が粉状になって表面に出てきてしまったモノになります。

外壁の素材によって白い粉が出るもの・出ないものがあり、窯業系サイディングやモルタル、ALCボードの外壁では劣化した時に白い粉が出てきてしまうとのことでした。

外壁から白い粉が出てしまう原因

最初にも書いたのですが、白い粉は外壁が劣化した時に出てくるものです。

外壁は雨風や太陽光・紫外線等の外からの刺激を受け続けています。
塗り替えた直後であれば傷んでいないために表面がしっかりと守られているのですが、外部からの刺激を受け続けることで劣化が進んで、内部に含まれている成分が粉になってしまうとのことでした。

チョーキング現象を放置しておくとどうなるのか?

外壁塗装 白い粉

 

何度も書いてますが、チョーキング現象=劣化の印となっています。
チョーキング現象が示すのは「すでに防水効果が切れ始めている」ということになります。

防水効果が途切れてくると、今まで家の中に水が入ってこないようになっていたものが入ってくるようになります。
天井であれば雨漏りの原因になってくるし、外壁であっても建物の内部に水が入ってくるようになってしまいます。

 

あくまでもチョーキング現象自体は外壁劣化の初期症状なので、それだけであればまだ問題はありません。かといって長く放置しておくのは危険です。

水漏れが始まっていて気づかず放置していて内部に水が入り続けると、建物内部が錆びたり、腐食したりして建物自体の劣化を進めてしまいます。
ひどい場合であれば建物が倒れてしまう可能性すらあります。

 

天井であれば雨漏りというわかりやすい形で見えますが、外壁だけの場合は気づいたときには遅かったり、外壁塗装だけでなく内部の修理まで必要になったりして高い修理費用がかかってしまう場合も多くなっています。

 

だからチョーキング現象を確認したら一度、業者等に外壁の状態を診断してもらっておくほうが安心ですし、早い段階で外壁塗装をすれば費用も安く抑えられます。
もし自宅の外壁を触ってみて白い粉が出てくるのを感じたら検討してみてはいかがでしょうか?

 

外壁塗装の場合は業者選びは大事です。外壁塗装で業者選びが大事な理由と業者の選び方についてこちらのページでまとめてみたのでよければ参考にしてみてください。

↓  ↓  ↓